本文へ移動

tls.lab

TLS.labとは

カシータが展開するサービスを分析し、より良いモノにする場所。
社内、社外に新しい取り組みや、面白い事を届ける場所。
日々生まれる感動的な日常「make a wish」を切り取り、カタチに残す場所。
代表のブログや社内の取り組みを発信していきます。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

代表ブログ

2020-04-20

合同全体会議に代えて

    
4月20日 沖縄も朝からの雨で、しっとりとした感じです。

収まる気配どころか、これからが勝負!?という感じになってきた新型コロナウィルス感染との戦い。
新聞でもテレビでも連日連夜、その広がりと、それに伴う多方面にわたる影響が伝えられています。
正直、心が痛い、心が折れそうになることもあると思いますが、皆で力を併せて乗り越えていきましょう!

さて、私どもカシータでも本来であれば開催予定だった年に4回の「合同全体会議」を中止しました。
ブログにアップしてもよいものかと思いましたが、ブログを再開した目的の一つが「まだ見ぬ未来の仲間のための“記録”として」(2020.04.04)ですので記したいと思います。
以下は私が職員に送った「電話メモ」(社内ツールで携帯電話へのメール)と「社内メール」です。
少し長文になりますが、お時間のある方は一読してみてください。


電話メモ(2020.4.19 8:41)

おはようございます、宮里です。
朝早くからのメールで失礼いたします。
世界中で新型コロナウィルス感染が広がり、社会の雰囲気も、経済活動もつい半年前とは劇的に変わってしましました。
その影響で当初開く予定でした「合同全体会議」も中止とさせて頂きました。
カシータの仲間が一堂に集まる数少ない機会である合同全体会議、その中でも4月は前年度の報告と今年度の方向性を皆さんに知って頂くための私にとって貴重な時間でした。
今回は状況が状況ですので、少しでも感謝の気持ちも含めお伝えしたかったので、社内メールを送らせて頂きました。
誤字脱字、足りない部分も多々あるかもしれませんが、一生懸命、皆さんを思い浮かべながら書いたつもりです。
長文になりますが、お時間のある時に読んでください。
PC環境が整っていなくて読めない方々は、是非、上司や総務の方々に一言声かけしてください。
最後になりますが、ご自身のために、大切な人たちのために健康管理には十分は配慮お願いいたします。
心からの感謝の気持ちを込めて

2020年4月19日(日)
株式会社トータルライフサポート研究所
代表取締役 宮里啓


社内メール(2020/4/19(日) 8:26 )

「2020年度開始に向けて 」

チームカシータの皆さんへ
日々のお仕事お疲れさまです。
毎日、新型コロナウィルス感染拡大のニュースが流れ、16日には全国に緊急事態宣言が出されました。
感染拡大防止のため不要不急の外出を控えなくてはなりません。

そのような中でも、最前線の医療関係者はもちろん、私たち介護業界、保育所、小売業など感染の恐怖と闘いながらも守るべき命や生活のために頑張っている方々に感謝いたします。
またその一方では、人の流れが止まり、経済が止まり、大変な思いをされている方々も多く出てきました。
本当に大変な世界になりましたが、この戦いは必ず終わります。
それを信じて、私たちができることをしっかり行っていきましょう。

私たち会社について報告したいと思います。

今回、デイのお客様減少やウェルネス推進課の受託事業の停止などがあり、直近の数字は多少下がっていますが、美里の杜、津嘉山の杜の両施設の頑張りにより経営的な問題になるような状況ではありません。
しかし、職員の中で、或いはお客様の中で感染者が発生した場合には状況は一変しますので、引き続き感染予防には努めてください。
昨年度(2019年4月~2020年3月)を振り返ると、各事業所、季節ごとに多少の上下はあったものの全体的には「頑張った」と感じています。
本当にありがとうございました。

以下は各部門の状況です。

○美里の杜
年度前半は入院者の増加やお客様のご退去から次の入居までの期間が長く、数字的に厳しい月もありましたが、〇〇施設長を中心に頑張って頂き、中盤から終盤にかけて盛り上がってきました。

○津嘉山の杜
年度初めに〇〇施設長が宣言した通りに1年を通じて安定した数字でした。
その要因の一つとし定員数(60人)よりも居室数が多く、退去から入居までの日数が美里に比べ短いことが挙げられます。

両施設とも私の知る限り、近隣施設と比べても平均入居者数も高い状態に加え、現場の皆さんの頑張り、生活相談員やケアマネの努力のおかげでよい一年となりました。
心からの感謝です。

○デイサービス
5月より今まで空席でしたOTが入職し、加算が取れるようになり、順調に数字を伸ばしてきました。
10月には過去最高の数字を上げましたが、その後は若干伸び悩みがありました。
特に年明けからは新型コロナウィルス感染拡大による影響が出始めました。
利用控えのお客様が増える中、現下の状況は決して楽観できるものではありませんが、センター長を中心に、様々な対応策を考え、踏ん張っている姿は本当に素晴らしいと思います。
唯一無二のデイサービス、「だからカシータのデイを選んだ」と言ってもらえる日を目指して、今頑張りましょう。期待しています。

○居宅介護支援事業所
職員の退職(3名⇒1名)、事務所の引っ越しなど、一番動きのあった部署です。
何事も「1人」というのは様々なところで大変なことが多い中、〇〇ケアマネが頑張りここにきて数字が伸びてきています。
本当にありがとうございます。
今年度はデイや施設とのより強い連携をして頂き、加えてまだ立ち上がっていませんが、「訪問介護カシータ+(プラス)」開所時には大きな役割を担って頂けるよう期待しています。

○ウェルネス推進課
一昨年の週2回から6回にうるま市受託事業が増えたタイミングで7月に「スタジオカシータ」から改名しました。全国的にみてもユニークな視点の事業提案は、月を追うごとに評価され、うるま市の事業拡大だけでなく、沖縄市や嘉手納町からもお声かけがありました。
しかし、今回の新型コロナウィルス感染拡大によりすべての事業が止まってしまいました。
この2年間、私たちのクラスに参加して下さったお客様も、外出機会が少なくなり、体力や運動機能だけでなく、精神的な落ち込みが気になることから動画撮影を開始しています。
感染拡大終息後にスタートダッシュできるよう頑張ってください。期待しています。

○経営企画室
常に経営に関わるすべてのことに対して関わって頂き感謝します。
その中でも目玉は「研修チーム」の立上げでした。
今までは「OJT」という名称はありましたが、個人的には、「現場への丸投げ」だった感が否めませんでした。
現場の皆さんからしても、人手不足の中で、新人を指導することは大変だったと思います。
それを解決し、業務のレベルアップ、職員の定着化を高めるべく立ち上がった部署ですが、手探りの中で本当に良く頑張ったな、と思います。
今年度は、更にパワーアップした皆さんの力でより良いカシータを作ってくれることを期待しています。

○調理課
日々、お客様からの多岐にわたる要求、厳しい予算の中で、本当に頑張って頂いています。
昨年度は、それに加えて、職員のための昼食サービスを始めて頂き、本当にありがとうございます。
低予算の中で、創意工夫を重ね、品数多いランチを提供して頂き嬉しく思います。
今後は「味」「量」に加えて、健康管理の一翼を担って頂けるように期待します。

○施設管理課
一昨年度に続き、昨年度も津嘉山のLEDへの切り替えや美里のエアコン交換など大きな事業がありました。また10年を超えた美里、その立地の関係から雨風、台風の影響などが大きい津嘉山のメンテナンスなどご苦労様です。水道光熱費については約150万円の改善がありました。この経費の削減は本当に素晴らしいものだと思います。

○総務部
「総務が変われば会社が変わる」と言い続けた1年だったと思います。また「100点で当たり前」と、常に私からのプレッシャーとの戦いにも関わらず、表立って評価されることがなく「縁の下存在」で頑張ってきてからこそ、皆さんの頑張りがあるからこそ、私たちカシータは運営できています。本当にありがとうございます。

令和2年度について、経済を含め社会情勢がどうなるのかは、正直わからない部分もありますが、
やるべきことは一つ「カシータは大丈夫」と言えるような組織にすることです。
その為には、常に変化を予測し、それに対応する準備をしていきます。
経営者として、皆さんの生活に責任を持つものとして、しっかり備えて行きます。

やまない雨はないし、雨雲の上には太陽や月の光があふれています。
この状況にしっかり対応しながら、「アフターコロナ」に向けて、皆さんと共にしっかり準備をしていきたいと思います。
一人でも多くのお客様やそのご家族様、そして皆さんとそのご家族様に「カシータがあってよかった」と言って頂ける世界をつくるために。

令和2年4月19日【旧暦 3月27日 大安】
株式会社トータルライフサポート研究所
代表取締役 宮里 啓

代表ブログ

2020-04-07
「不要不急」という言葉について
南国・沖縄でも肌寒いと感じる4月7日の午後です。
私の部屋から見える外の景色も、心なしか人恋しさを感じさせる色に包まれています。

最近頻繁に耳にする「不要不急」ですが、個人的にはやるせなさを感じています。

おかげ様でカシータは美里、津嘉山とも、皆の頑張りで満床状態、介護保険請求率でも目標である数字を上回る状態です。
デイは新型コロナの関係でご利用を控え始めたお客様がありますし、ウェルネス推進課の新規事業については、今年度のプレゼンテーションがこれから始まりますが、正直、採択されてもスタートの時期については不透明感があることは否めません。
しかし、世界的な状況を見る時に、カシータの状況については経営者として安堵感があります。

一方、私の友人のなかには、「自粛」という世間の要請の中で、経済的に苦しんでいるもののいます。
飲食業、観光業、音楽家などなど。

このご時世ですから仕方がないと思いますが、「不要不急」という表現ではなく「不急」として頂ければ嬉しいなと個人的に思っています。
大切な人たちとの外食も、ゆんたくも、ともに歌うことも、大切な部分であることを感じています。
確かに今はできませんが、「不要」ではないと思いますし、これらのことが「不要」と言われるような社会ではあってはならないと思います。
皆でそのように楽しめる日が1日でも早く来ることを願い、そのために今は「Stay home」しましょう。    皆で頑張りましょう。

代表ブログ

2020-04-04
まだ見ぬ未来の仲間のための“記録”として
2008年3月に「介護付きホーム美里の杜カシータ」が開業してから早いもので13年目になりました。
その間、2022年6月には「介護付きホーム津嘉山の杜ヒルトップカシータ」「デイサービスカシータ」が開業しました。
その3年後の2015年3月には、現在の「ウェルネス推進課」の前身である「スタジオカシータ」が、翌2016年6月には、「居宅介護支援事業所カシータ」が開設しました。
それに伴いスタッフも16人から現在は120人ほどの大所帯になりました。
文章にしてしまうとわずか10行足らずではありますが、多くのことがあった“はず”です。
“はず”という表現は正しくないかもしれませんが、正直、私自自身の中では、この表現がピンとくる感じがするくらい、あまり“記憶”に残っていません。
でもその状態であり続けることに不安を感じてきています。
だから、今回ブログを再度書き始めました。
誰のためでもなく、自分自身のために。
そして何よりも、このブログを書き始めた頃のように、今はまだ出会っていない“未来の仲間”のために“記録”にしていきたいと思います。

2020年4月4日の沖縄は雨。
昨日、新型コロナウィルス感染症が沖縄県内で新たに2人確認され12人となりました。
今こそ、皆で協力してこの難局を乗り切りましょう。
「Stay home」

TLS情報

2020-07-01
皆様初めまして
本日からHPが新しくなりました。
株式会社トータルライフサポート研究所でのイベントのお知らせや行事の様子など随時お知らせしてまいります。お楽しみに!
今年度の代表ブログ過去分も掲載していきますね!
TOPへ戻る